イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

2012年02月

閏日

今日は、4年に1度の閏日です。
閏日とは、太陽暦において、暦と太陽の運行とのずれを補正するための日。

2月に閏日を置く由来、初期のローマ暦では、年始が3月1日で、2月は年末の月。そのため、年末の2月が日数の調整に使われたとのこと。

父ちゃんは子どもの頃「閏年に生まれた人って、4年に1回しか歳をとれへんから、車の免許とかどうすんねやろ?」とよけいな心配をしてました。

2月29日生まれの人は、閏年も平年も、2月28日が終了した時点で、1つ歳をとることになるそうです。


ということで、まりあの変顔いきま~っす!

「と~ちゃん、みてみて~」
2012-02-28 18.51.08.jpg

1





2





3





ダーーーーーッ!!
2012-02-28 18.51.33.jpg

この顔は怖い!ヒィー(>ω<ノ)ノ



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。


お雛さん飾りました~♪(AMEMIYA風に)

2012-02-28 12.56.50.jpg

「まりあちゃん、お待たせしました」

本日、やっと
「お雛さん飾りました~♪(AMEMIYA風に)」

出してる途中、まりあが人形を触りだした。
なんか、嫌な予感が……

「はい、ど~じょ」

「ありがと」

「えっ!?」
父ちゃん思わず2度見。

まりあが父ちゃんに差し出したんは、人形の首!
いきなり首を引っこ抜きよった!!



ほんま、壊れたかと思った(・・;)
首ってはずれるようになってるんですね。

飾り終わるとまりあは
「おひなた~ん、あんがと」

ほんで
「おひなた~ん♪おひなた~ん♪」
と嬉しそうに歌いはじめました。

「無邪気な子や」



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。


足は第2の心臓

2012-02-28 11.10.09.jpg

大阪のおばあちゃんから、まりあへ靴が届きました。
まりあは早速靴を履いて、家の中を大はしゃぎで走り回ってます。

サイズは14cm。はじめて買った靴はちょうど1年前、サイズは12.5cmやったんで、1.5cm大きくなった。

子どもの足は、歩き始めるとどんどん大きくなるので、1歳~3歳までは3ヶ月ごとにチェックするのがいいようです。

また、“足は第2の心臓”ともいわれてます。これは歩くことにより、心臓と同じように血液を循環させるポンプの役割をしてるから。

それだけ、足って重要な部分なんです。だから、子どもの靴も、ちゃんとサイズの合ったものを履かせてあげたいですね。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。


761日と1年

今日でまりあが、2歳1ヶ月(761日)になりました。
ほんで、このブログを始めて、ちょうど1年。

今では日々多くの人たちに、このブログを読んでいただいでます。
本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

ブログを始めた頃のまりあ。(1歳1ヶ月)
ちっちゃ!まだ赤ちゃんの顔してる。
65c72fcc.jpg

それが、1年でこんなに大きく成長しました。(2歳1ヶ月)
すっかり、お姉ちゃんの顔になった。
2012-02-27 12.46.11.jpg

ここまで、おてんばになるとは、想定外でしたが……(^_^;)
明るく元気で、風邪ひとつひかない丈夫な体。何よりもありがたい。

これからも、まりあ共々よろしくお願いします。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

「自分でやる!」

3月号の「こどもちゃれんじぷち通信」の特集で、
「自分でやる!」にどこまで付き合う?というのが載ってました。
2012-02-27 10.48.27.jpg

「自分で!」は心と体が育ってきたサイン
何でも自分でできるようになるための大切なステップ。大変なこともあるが、練習期間だと思って、乗り越えていきましょう。ということで、4つのステップと、お悩み解決が紹介されてました。
1.できないことでもチャレンジさせる
2.できなくて怒ったら笑顔で手伝う
3.仕上げは子どもにやらせる
4.自分でできたらしっかりほめる

これって、わかっちゃいるけど、なかなかできないんですよね。
つい、手を貸してしまったり、ちょっとイライラすることもある。

母ちゃんたちには休みがなく、子育てだけしてればいいというわけにいきません。掃除、洗濯、買い物、ご飯の用意など、やることいっぱいです。

そこに子どもが「自分でやる!」と言い出すと、どうしても時間がかかる。
出かける前なんかは特に大変。

だから、あらかじめ想定外の時間を作っておくことも必要です。
10分で済むことなら、プラス10分の時間をとっておくだけで、余裕ができイライラしなくなるかもしれません。

まりあが「自分でやる!」と言い出したのは、去年の12月頃。
服を着替えさせたら、全部脱いでしまい「まりあがやる!」と言い出した。

父ちゃんは、まりあが「やりたい」ということは、まず何でもやらせてみる。

「ほんだら、やってみぃ」

一生懸命服を着ようとするけど、袖に足を入れたり、パンツの片方に両足を入れたり……

ほんで、うまくできひんから怒り出すし、最初はほんまめちゃくちゃでした。

でも、やってるうちに、だんだんツボとコツを覚えるんですよね。
子どもって一瞬、一瞬のうちに成長していくのがわかる。

今では、以前に比べて、たいぶんスムーズに着れたり、履けたりできるようになった。

面白いのは靴下を2枚重ねで履くこと。どうやら母ちゃんのマネをしてるみたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

子ども用はさみ

2012-02-26 09.34.57.jpg

Amazonで注文してた、まりあのはさみが今朝届きました。

「まりあのはさみ届いたでぇ」

「わ~とうちゃん、あんがと」「とうちゃん、あんがと」

大喜びで、早速ザックザック切りまくってます!
キャプチャ

いつも使ってたはさみは、先が尖ってて危なかったけど、このはさみは、安全ガードが付いてる。これで、ちょっと安心。

紙はよく切れるけど、手は切れにくい構造になってます。ほんで、慣れてきたら安全ガードをはずして、普通のはさみとして使えます。

父ちゃんも試しに使ってみたけど、普通のはさみと変わりなくよく切れる。
これは、なかなかいいと思う!

普通に切るのは、だいぶん上手になったんで、次のステップ、父ちゃんが線を引いて、それに沿って切る練習をしてます。

安全練習はさみ125mm右手イエロー
サンスター文具
売り上げランキング: 49




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

2歳児に必要なカロリー

2歳になってからのまりあは、食欲旺盛でめっちゃ食べるようになった。
スプーンやフォークも上手に使えるし、最近は箸でも食べれるようになった。

食べる量が増えても、1日の運動量はかなりのもんなんで、まず肥満の心配はないと思う。

ところで、2歳児に必要なカロリーって、いったいどれぐらいなんでしょう?

厚生労働省が発表している「生活活動強度別 エネルギー所要量 (kcal/日)」によると、1~2歳児で1050~1200kcalとなってます。

1050~1200kcalというと、ご飯なら10杯、カツ丼なら1杯、たらこスパゲティなら2人前、オムライスなら1つ半、吉野家の牛丼(並)なら2杯、生ビールなら6杯……などと同等。

体はちっちゃいのに、多くのカロリーが必要なんですね。

子どものために、特別に料理を作る人もいるけど、まりあの場合は1歳前後から、父ちゃん母ちゃんと、おんなじもんを食べてる。

子どもに食べさせるとよくないと思うもんは、親の体にとってもよくない。
うちは、もともと薄味なんで、特別辛いものや、塩分が多いものはない。また、揚げ物も少ない。

おんなじもんを食べてるおかげで、好き嫌いなく何でも食べる。
カキ・イカ・エビなんかが出ると、父ちゃんの分までパクパク食べてしまう。

料理にも興味があるみたいで「おりょ~り」といって、ままごとで父ちゃんに、いろいろ作ってくれます。

本物の料理を作って、ごちそうしてくれる日が楽しみです。
1330055838604.png




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

雛祭り

1add7554.jpg

もうすぐ雛祭りやけど、雛人形まだ出してない!
まりあ姉ちゃんの雛人形やけど、本来は兼用を避け、それぞれ別のものを飾らないとあかんらしい。

「えっ!そうなん?」

ということで、今日は「雛祭り」について、簡単にまとめてみます。

3月3日。桃の節句。女の子の祭り。
女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。
雛祭りの起源は、平安時代中頃だと言われています。

雛人形
節分が終わり、立春(2月4日)頃から、遅くても1週間前までに飾りつけるのが一般的。

雛人形は子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ、子どもの健やかで幸せな成長を祝うために飾る。

節句が終わったらすぐに片づける風習の由来は、子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれるため、いつまでも身近におかないで、早くしまわないと縁起が悪いと考えられている。

また、すぐに片づけないと婚期が遅れるという話は「片づけも満足にできないようでは、ちゃんとした女性になれない。良いお嫁さんになれない」という戒めのためとも言われてます。

子どもの災厄を身代わりとなって守ってくれる雛人形は、姉妹でも兼用を避け、それぞれのものを飾る。また、母親のお下がりもNGとのこと。

雛祭りの食事
ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、白酒、菱餅など。

ちらし寿司の具のエビは長生き、レンコンは見通しがきく。

ハマグリは良縁の象徴。

菱餅の色が3色なのは、一番上の紅は「桃」真ん中の白は「雪」下の緑は「草」を表していて、3月という季節の情緒を表現している。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

チャイルドマインダー

お友だちの家のジャングルジムに、まりあ大喜び(^^♪
2012022114400000.jpg

「おしマイケル」
まりあが、最近よく言う。

「誰や!こんな古いの教えたんわ」

「あたしだよ!」と母ちゃん。

「また、それも古いやん!」
父ちゃんも、何か言わなあかんという衝動にかられる。

とっさに口に出たのは……

「ぽよよ~ん」
(あかん、一番古いやん!)

とまぁ、いつもこんな感じの3人です。


で、みなさん「チャイルドマインダー」って知ってます?
母ちゃんは知ってたけど、父ちゃんは、昨日はじめて知りました。
◯チャイルドマインダーのお仕事とは?
チャイルドマインダーは、家庭的な保育サービスを行う専門家であり、いわば「少人数保育のスペシャリスト」。こどもを主体とした「質の高いかかわり方」を追求しながら、一人ひとりの「個」を尊重し、自立心を育成します。ありのままの姿を深い愛情でうけとめながら、自ら考える思考力を育て、自立心を育む環境を親とともにつくりあげていく。それがチャイルドマインダーの役目です。

中でも、こどもの「個」を理解し、行動一つひとつの意味に気づくことができる感性を養うこと。こどもと正面で向き合い『ひとりの人間』として接する姿勢が大切です。
ほかにも、こどもの健康や安全面に対する責任感、保護者との信頼を築くためのコミュニケーション力、そして保育・教育に関する豊富な知識と技術が必要とされます。<ヒューマンアカデミーより引用>

嵐のメンバー全員が、この資格を取得してるらしい。
父ちゃんも、早速資料請求しました。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

他の子と比べない

「とうちゃん、みてみて~」
1329661088699.png

まりあの手にかかれば、洗濯バサミもおもちゃに変わる。
手に取るモノすべてに興味を持ち、オモロイことをして、父ちゃん、母ちゃんを楽しませてくれます。

やっぱり、大阪人の血が騒ぐのか、笑いをとると満足な表情を見せる。
まりあを見てたらいつも思う。父ちゃんにも、この自由な発想力が欲しいと……


話は変わるけど、まりあと同じぐらいの年齢の子どもを持つ、親の悩みはけっこう多いようです。

言葉が遅い・癇癪がひどい・スプーンやフォークが使えない・歯みがきを嫌がる……などなど。

父ちゃんの解釈やけど、すべて個人差があるので、今は得に気にすることはない。だから、他の子と比べないことです。

まりあの場合、ありがたいことに、このような悩みはまったく無い。強いていえば、おてんばすぎて男の子を泣かすことかな(・・;)



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
livedoor プロフィール
アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ