イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

2012年02月

「まりあ あせたしゃしんに……」

久しぶりの青空で、気分いいです!
2012-02-19 09.58.57.jpg

まりあも、妹のおこめちゃんも、朝からご機嫌です!
2012-02-19 09.24.58.jpg


「まりあ あせたしゃしんに……」

最近、まりあがリズムに乗って、口ずさむようになった。


考えてみれば、お腹におる頃から聞かせてる歌。
まりあのテーマソングやもんね!

ほんま、2歳になってから、吸収力がよりいっそう凄くなったように感じる。
歌を覚える、言葉を覚える、ブロックでもバランスを意識して、いろんな形を作れるようになりました。

視力も、2歳児は0.5~0.6といわれてるけど、もっと見えてるように思う。
というか、父ちゃんに見えないものまで、見えてそうな気がする(・・;)



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

視覚と手の協調性

2歳になってから、まりあはハサミにめっちゃ興味を持ちだした。
見てると危なっかしいけど、手を切ることもなく上手に紙を切ってます。

プラッチックのハサミを使わしたほうがええかなとも考えたけど……
上達するには今からホンモンのハサミを使わせたほうがいいと思い、
家にあるもので、やりたいようにやらせてます。
2012-02-17 15.12.07.jpg

ただ、これだけは何回も言い聞かせてます。
ハサミは、
★危ないもの
★紙を切るもの
★持って歩かない
★振り回さない
★刃の部分を持たない

コピー用紙を切らせてるけど、紙が薄いとちょっと切りにくいみたい。
上手く切れず「ゴルァァァァァ」と怒ったりしながらも、真剣な顔で切ってます。

ハサミを使うことは、“視覚と手の協調性”のトレーニングになり、
いずれ字を書くときに役立つみたい。

まりあは、指先が器用なほうなんで、上達も速いと思う。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

「闇の子供たち」

DVD「闇の子供たち」を観た。
闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

ストーリー
新聞記者の南部(江口洋介)が、日本人の子どもがタイに渡り、臓器移植手術を受けるとの情報を入手。
闇社会の事情に通じるタイ人の知人に金を握らせ、提供者の子どもたちが、生きたまま臓器をえぐり取られているという衝撃の事実を知る……

実際にタイのアンダーグラウンドで行われている現実とのこと。
幼児売買、幼児売春、臓器売買、エイズに感染した子どもを、ビニール袋に入れ生きたまま捨てるなど、幼い子どもを持つ親としては、あまりにもテーマが重すぎる。


この映画を観て思い出したけど……
父ちゃんは、まりあが生まれる前、一時期社会起業に興味を持ち、色々調べてたことがあった。

若い女の子を搾取する国際的な売春ネットワークも実際にある。
米国政府の統計によると、途上国から国境を渡って「売り飛ばされる」 被害者数は年間90万人、この違法ビジネスの売上げは約8260億円。

また、アジアの貧困地域に暮らす子どもたち、モンゴル・カンボジア・ミャンマー・タイ・スリランカ……などの映像を観たこともある。

その中で印象に残ってるのは「あなたの夢はなんですか?」という質問。
子どもたちの答えは、
「一度でいいからお腹いっぱい食べたい」
「大人になるまで生きること」
……切なすぎる。

一歩外に出ると、日本では考えられない出来事が起こってます。特に途上国の日常は、想像を絶する。
「今の自分がいかに恵まれているか」がよくわかる。だから、今ある幸せをかみしめ、感謝を忘れないようにしたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

子どもを守るためには

子どもが殺される事件そのものの数は、ここ30年間で確実に減少しているけど、子どもを虐待死させるのは「実の母」である事例が最も多いようです。

「なんで?」

まりあ父ちゃんなりに考えてみた。

それは日本という国の子育ては、母親に責任が求められる事が多い。
ちょっと我が子がやんちゃで、他の子どもたちと違う行動をしてたら、
「この子の将来心配やね」「しつけができていない」「過保護」「母親が悪い」……
など、事情も知らずに、周りの人たちから好き勝手なことを言われる。

(考えてみれば、父ちゃんが問題児やったんで、母親はいつもなんか言われてた記憶がある(・・;))

それが、どんだけ母親を傷つけていることか……
だから、母親は傷つき、不安になり、やがてネガティブな感情が爆発してしまうのではないのか?
Vader_yelloweyes

人間誰にもダークサイドがある。そう、光があれば影がある。そのダークサイドは、子どもという一番弱い部分で爆発する。

子どもを守るためには、一番子どもを支えている母親を守らなければならない。
そのためには、やっぱり家族のサポートが必要になってくる。特に父親のサポートが一番必要なので、日頃から何でも話し合える時間を作っておく。

そして、子育てに完璧を目指さないこと。完璧を求めないこと。不完全、曖昧さを許容することが大切。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

セドナメソッド

今日は、まりあ父ちゃんが実践してる、イライラや怒りの感情を解放する方法を紹介しよう。

それは「セドナメソッド」というものです。
父ちゃんが、セドナメソッドに出会ったのは、2005年ぐらいだったと思う。

セドナメソッドとは、感情や欲求を手放す法則で「手放しの法則」ともいいます。
子育て中に感じるイライラや怒りを、手放すことができます。

「手放す」とは、手に握ったペンを落とすような感覚をイメージしてください。

相変わらず、我が子を虐待したり、殺してしまったりする事件が多い。
もしかしたら、犯罪を起こす親たちは、ネガティブな感情が蓄積され、癌細胞のようになってしまい、感情のコントロールができなくなっているのかもしれません。

ネガティブな感情は、手放すと消えていく。
ポジティブな感情は、手放すと増えていく。

感情を手放すことで、冷静な判断ができるようになります。

やり方はめっちゃ簡単で、シンプルな質問を使って、自問自答を繰り返すだけ。

1.「いま、何を感じているか?」

2.「その感情を認めることができるか?」→(はい/いいえ)

3.「それを手放せるか?」→(はい/いいえ)

4.「手放しますか?」→(はい/いいえ)

5.「いつ?」→(今)

これを繰り返していくうちに、気持ちが軽く、穏やかになります。
セドナメソッドの翻訳書も出てるので、気になる方はぜひ試してみてください。

人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド
ヘイル・ドゥオスキン
主婦の友社
売り上げランキング: 821




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

今日で最後だとしたら……

また、こんな事件が!
乳児死亡:5カ月男児の首絞める…殺人未遂容疑で母親逮捕

「育児がいやになった」
子育てやってると、いろんなことがあるんで、わからんこともないけど……
首を絞めるって、この母親は自分をコントロールできないぐらい病んでたんかな?

自分の両親、夫、子どもとの5人暮らしやったみたいやけど、そうなる前に相談できひんかったんやろか?5ヶ月って、まだ歩くこともできひんのに……

父ちゃんも「絶対にまりあを怒らない」と決めてても、やっぱりイライラすることはある。つい大声を出してしまうこともある。

大声を出した後は「かわいそうなことをした」といつも後悔してる。
寝顔を見ながら「まりあ、ごめんな」って……

こんなことを繰り返しながら、親は親として成長していくのかもしれない。
でもそれは、当たり前のように明日が来るからできること。

だから、子どもに手をかける前に今一度考えてほしい。

もし、来るはずの明日が来なければ……
もし、今日ですべてが終わるとしたら……
もし、この子を抱きしめられるのが今日で最後だとしたら……

きっと子どもの夜泣きも、イヤイヤも、イタズラも、すべてが愛おしく思えるはず。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

ひとりかくれんぼ

ちょっと目を離した隙に、まりあの姿が突然消えた。
「(あれ?)まりあ~」と呼んでも返事がない。

(さっきまで、そこにおったのに……)
「まりあ~まりあ~」

(まさか、神隠しとか?ん~なアホな)
「まりあ~まりあ~」

父ちゃん、とりあえず洗面所を見にいった。
……洗面所にはおらん。

前に、風呂場で遊んでたことがあったんで、ガシャッと風呂場の戸を開けた。
……風呂場にもおらん。

(……姉ちゃんの部屋かな?)
姉ちゃんの部屋の戸を開け、見渡してみたけど……おらん。

(トイレか?)
トイレの戸を開けてみたけど、やっぱりおらん。

(あれ?どこいったんやろ?)
もとの部屋に戻ってきて、もう一度
「まりあ~」と呼んでみた。





ほんだら……





こんなとこから……










「バ~」といって、まりあが妹のおとめちゃんと一緒に出てきた。
2012-02-11 11.36.11.jpg

それから、ひとりかくれんぼにはまってます。
2012-02-11 11.36.00.jpg

けっこう居心地がいいみたい。
2012-02-11 11.38.19.jpg




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

褒め言葉のシャワー

妹の「おこめちゃん」と仲良く起床!
いつの間にか「おとめちゃん」から「おこめちゃん」に名前が変わったみたい。
1328828530649.png

昨日は、母ちゃんと一緒にケーキ作りに挑戦。
好奇心旺盛で、何でもやりたがります。
2012-02-10 13.45.19.jpg

「すごいなまりあ」
「なんでもできんねんな」
「やっぱり、まりあは天才やわ」
そういうと、こんな顔をする(得意の永ちゃん顔)
1328864582448.png

親の褒め言葉は、子どもの心の栄養になり、強い心の支えになります。
子どもは親の言葉に励まされて、自分は認められて愛されてるんだと感じる。

これから先、いろんな困難にぶつかったとしても、子どものころ親に褒められたことが、心の支えになり頑張れる。

だから、褒めすぎて悪くなることはないので、褒め言葉のシャワーをいっぱい浴びせてあげよう。

「認める・褒める・ハグする」この3つは、ほんま大切です。


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。

身長+2.5cm、体重+1.2kg

2歳の誕生日に、身長と体重を測るの忘れてたので、昨日測りました。
身長84cm、体重11kgでした。共に50%タイル。
1328825567826.png

1歳6ヶ月の頃と比べると、身長+2.5cm、体重+1.2kg。
ほんま、大きくなったもんです。しかもありがたいことに丈夫で元気。

体も成長したけど、それよりも言葉の成長が際だってる。
なんせ、まりあはようしゃべる。朝から晩までしゃべりまくってます。

ほぼ会話が成り立つようになってきたので、嬉しくて仕方ないのでしょう。
会話ができるようになって、イヤイヤも減ったように感じる。

でも、おてんばなのは相変わらずで、走りまわるのはあたりまえ、
テーブルの上からジャンプしよる。

最初は父ちゃんに向かって飛んできてたのが、最近では直接飛び降りるようになった。見てる父ちゃんは、ヒヤヒヤもんですが……

まりあは赤ちゃんのときから、ゆで卵の白身が好きでバクバク食べてました。
おかげで筋肉の発達は素晴らしく、ケガをすることもない。

毎日元気いっぱい、笑顔いっぱいのまりあです。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

父ちゃん特製TKGY

2012-02-09 10.23.10.jpg

この前試しに自分で作ってみたら、なかなかおいしかったので、今朝まりあにも作ってみた。

父ちゃん特製TKGY(たまごかけごはんやき)
TKGYとは、石川県のご当地B級グルメで、以前「はなまるマーケット」でも紹介されました。
つるぎTKGY
※写真撮るの忘れたので、画像はイメージです。

作り方は、めっちゃ簡単です。
<材料>
♥ご飯 茶碗一杯
♥卵 1個
♥めんつゆまたはだし醤油(なければ醤油) 適当
♥好みで、万能ねぎ、刻みのりなどを少々

<作り方>
1.ボウルに、ご飯、卵、めんつゆまたはだし醤油を入れかき混ぜる。
2.フライパンに油をひき、1を入れる。中火で形をお好み焼きのように丸くする。
3.1分ほど焼いたら裏返し、45秒ほど焼く。(中身は半熟がおいしい)
4.万能ねぎ、刻みのりをふりかけたら完成。

「おいしい」といって、パクパク食べてくれました。
最近、あまり朝ご飯を食べなかったので、父ちゃんひと安心。
2012-02-09 10.23.34.jpg




いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ