5934d267.jpg

守ってやりたいだけ お前の夢
抱きしめていたい今 優しい想い

おはようございます!
これは、永ちゃんの曲「DIAMOND MOON」の歌い出しの部分なんですけど、親の願いとして、我が子を「思いやりのある優しい子に育てたい」と考えてると思うねん。

では、「思いやりのある優しい子」に育てるためにはどうしたらいいのか?
そのために心がけることは何なのか?
ということを考えたいと思います。

昨日も書いたけど、3歳まではわがままじゃなく甘えやから、まず、それを受け入れてあげることがスタートだと思うねん。

子供の主張を認める。
考えてみたら大人もそうやん!基本的に人は、認めらたくて、認められたくて、認められたいんですよね。

だから、子供も主張を認めてあげることで、のびのび自己主張ができるようになる。
のびのび自己主張ができるようになったら、他の子とぶつかるようになる。
ぶつかると最初はケンカになることもあると思うけど、それがきっかけになって、相手の気持ちが分かるようになってくる。
相手の気持ちが分かるようになってくると、優しい気持ちが芽生えてきて、おもちゃの取り合いをしたときでも、譲ってあげようとするようになる。

こんな過程を経て「思いやりのある優しい子」に育っていくんやと思うねん。
だから3歳までは、できる限りの愛情を注入してあげることが大切だと思います。

人気ブログランキングへ