父親が、子どもに関わりたいと思っても、仕事の状況が、
それを許さないことがある。そういう人たちは多いと思う。
rps20110717_111653

以前のまりあ父ちゃんが、まさにそれ。
というよりも、子どもに関わろうとしてなかった。

学校の行事も参加したことがなく、逆に参加してる父親を不思議に思ってたくらい。

父親がいるのに、子どもに関わっていない。
関われない会社というより、父ちゃんの考え方そのものがおかしかった。

今は、あのころと考え方が180度変わった。
まりあが生まれたからではなく、その前から自分のやってることは、
何かおかしいと感じるようになったから。

そう思い、現在17歳のまりあ姉ちゃんが小6のとき、
「これからは学校の行事全部いくからな」といった。

ほんだら「今さら何よ」といわれた。(父ちゃん、ちょっとショック(ToT))

そらそうやな。来てほしいときに来なくて、思春期にさしかかる時期に、
そんなこといわれても、嬉しくとも何ともない。逆にうっとうしいだけやな。

ほんま、父ちゃんとして、反省することがいっぱいある。
まりあ兄ちゃん姉ちゃんには、かわいそうなことをしたと思ってる。

ただ、うちの場合は、まりあ母が父ちゃんのすることを受け止め、
子どもたちにいっぱい愛情を注いでくれたんで助かった。


父親が育児をすると、子どもの自己評価が高くなり、
父と子の間に強い絆が生じ、子どもは活発に育つようです。


まりあには、父ちゃんのラブをいっぱい注入したいと思いま~す(^^ゞ



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342