先日も書いたけど、しょっちゅう児童虐待の痛ましいニュースが飛び込んでくる。
「身体的虐待」「性的虐待」「心理的虐待」「ネグレクト(養育の放棄)」
虐待には、上記の4つのタイプがあるらしいけど・・・・・・。

原因として、子育てのイライラ・仕事、生活上のストレス・
パートナーとの不仲・経済的問題・子どものときに虐待を受けた・・・・・・など、
いろんなケースがあるらしい。

専門家の人たちは、親の深層心理がどうのこうのいうてるけど、
そんなもん、関係あらへん!

要は、子どもが子どもを産んだ。
ほんで、産んだだけで成長してないだけやん。

産んだだけでは親になられへんて。
子どもと共に成長して、子どもが親にしてくれんねん。

子育てやってたら、上記の原因からイライラすることもあると思う。
それはわかる。

だから、虐待に走るというのは、意味がちゃう。

親が上という上下関係、力関係という考え方も問題のひとつ。
子どもも人格を持ったひとりの人間。

親も子も人間同士ということを忘れたらあきません。

ほんで、イライラしたときの対処法を日頃から考えておくことも必要。

以前、美輪明宏さんがテレビで、イライラしたときは、
各家庭の宗派の「南無妙法蓮華経」とか「南無阿弥陀仏」
を唱えればいいというてました。

それもいいかもしれませんね。

無宗教の人は、まりあ父ちゃんの方法をお勧めします。
それは、もしイライラっときたら、子どもが生まれたてのときの写真を見ること。
家の中で、すぐ目につくとこに置いとけばいい。
(生後2日目のまりあ)
2010_0129真里有誕生!0039

ほんだら、スーっとイライラが引っ込んで、
優しい穏やかな気持ちが出てきますよ。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342