この場所が、最近まりあのお気に入り。
朝起きたら必ず登ります。
1fa985ad.jpg

ほんで、曲に合わせて踊ったり、歌ったりしてる。
31ec3a43.jpg


やさしく、思いやりを持って育てれば、
子どもは、やさしい子に育つ

子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)より>

以前このブログでのアンケートで、
「どのような子どもに育って欲しいと思いますか?」
の質問に対し「やさしい子」という答えが圧倒的に多かった。

親が、家族を思いやる気持ちを持っていれば、
子どもは親の姿から、本当の思いやりの心を学ぶ。

夫婦がお互いを思いやり、子どもにもやさしく接してると、
子どもはその姿を見て、自然にやさしさを身につけていく。

だから、親がケンカばっかりしてたら、思いやりの心は育てへん。
本当にやさしい子にはなられへん。

ケンカの理由は様々あるやろけど、根本がなんでも「あたりまえ」
になってるからやと思う。

過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。
未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ。


この言葉通りですよ。ほんま!

夫婦ゲンカの多くは、現在起こってる「果」だけを見て、
「因」を見ようとしてない。

まず、日常生活の中で「あたりまえ」を無くす。
これが、やさしく、思いやりを持って育てるポイントやと思う。

「あたりまえ」を無くすと「ありがとう」「感謝」の気持ちが出てくる。
そしたら、相手の立場で物事を考えるようになる。

ほんでそれが、やさしさ、思いやりにつながっていく。
まりあ父ちゃんは、そう思う。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342