今日は肌寒いですね!

最近のまりあは、布団にぬいぐるみを持ってきて、一緒に寝るようになった。

おかげで布団は、まりあとぬいぐるみに占領されて、父ちゃんはちっちゃくなって寝てます(^^)
4ba5910e.jpg


以前にも書きましたが、うちは「ダメ」という言葉は使いません。

この言葉の響き、まりあ父ちゃんは、めっちゃ嫌い。ほんで、知らず知らずのうちに「ダメ」が子どもの潜在意識に刷り込まれ「自分はダメなんや」と思うようになり、物事をすぐに諦めるようになってしまうんですよ。

先日「ダメ」を使わないようにしたら、子どもに変化があったという話を聞きました。

二歳のその子は「ダメ」という言葉に敏感で、かなりイヤイヤが激しかったみたい。でも親が「ダメ」を使わずちょっと言い方を変えただけで、イヤイヤが治まり聞分けのいい子になったとのこと。

聞分けがいいので、親は褒める。褒められた子どもは嬉しくなって、さらにいい子になる。

「ダメ」をやめることで、褒めることが多くなる。だから親も子もハッピーになる。

みんなで「ダメ」を追放しよう(^^)v



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342