まりあ、なにをやってんのか?意味がわからん!
1323572576708.png

土曜日の深夜から朝方にかけて、まりあが
「かい~かい~」と何回も目を覚ましてました。
見てみると湿疹があっちこっちにできてる。

目覚めたらましになるかなと思ってたけど、
相変わらず「かい~かい~」といって掻きむしるので、
かあちゃんが病院に連れて行きました。

原因は乾燥からくる痒みとのこと。
薬を出してもらったので、ちょっと治まったみたい。

そこで、父ちゃん子どもの皮膚のことを調べてみた。
子どもの皮膚の特徴
子どもの皮膚は乾燥しやすく汚れやすい。
スキンケアのポイントは「きれいにすること」と「乾燥させないこと」

●皮膚が薄く機械的刺激に弱い。
●皮膚の厚さは大人の約1/2
●大人と同じ200万以上の汗腺ある。だから、汗の量は大人の約3倍にもなる。
●冬は皮脂が減少し汗をかかなくなるので、皮膚の水分量を保ちにくい。
●衣類も子どもの肌の乾燥に『影響する』
●衣類の素材が天然か合成よりも柔らかさ。柔軟剤が効果的。
●風呂の温度にも注意。熱くなり過ぎないように(40℃くらいが適温)
●体を洗うときは、ボディーソープよりも固形石鹸のほうが肌にやさしい。
●入浴後の皮膚に湿り気があるうちに保湿。
●暖房器具による湿度の低下に注意。

などなど。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342