こんな記事を見つけた。(ロッケットニュース24より一部抜粋)
米国小児科学会の発表によると、2歳未満の子どもにテレビなどの映像を見せることは利点がないどころか、子どもの発達の妨げになるという。

同学会によると映像は試聴する子どもが内容を理解して初めて意味をなすという。映像から学ぶ能力が未熟な2歳以下の脳にとって、映像の見すぎは言語能力の発達をかえって遅らせ、創造力の生育を阻害するとして小児科医らが警鐘を鳴らしている。

子どもの前で大人が見るテレビ番組も同様だという。また就寝前に映像を見ることは寝付きや睡眠リズムに影響し、ひいては日中の機嫌や行動にも影響を及ぼすそうだ。

テンプル大学心理学教授のハースパセック氏によると、言語能力は実際に人が言葉をかけるほど発達することが実証されているという。コミュニケーションに勝る知育はないということだ。

なるほどね!
親にとっては、子どもがテレビに夢中になってる時間はありがたい。
だからといって、何時間もテレビを見せるというのは良くないでしょう。
何事も、ほどほどにということですね。

まりあの場合は、あんまりテレビに夢中になることはないけど……
じっと見てるのは、ええとこ30分ぐらいかな。

テレビを見せても、ほら、この通り(^_^;)
1327369595811.png

完全に映像を見せないようにするためには、家にテレビを置かないこと。
父ちゃんとこは、テレビがなかっても特に困らんけど……。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342