「親が親なら子も子」
ほんま、その通りやと思う体験をした。

「褒める。認める。感謝する。」
これは子育てだけでなく、人間関係において極めて重要なことです。

もし親に、相手を「褒める。認める。感謝する。」
ことが大切だという認識がなければ……

そして、我が子を甘やかし、過保護ちゃんに育てると……

そんな風に育てられた子どもは、こんな大人になってしまうんや!
というのを目の当たりにした。

もう、あまりのひどさに父ちゃん驚愕しっぱなし!

さて、どうなってしまうのか?
それは「褒める。認める。感謝する。」の対極。

「貶す。否定する。あたり前。」
おまけに、裏表のある人間になってしまう。

はっきりいって、父ちゃんも40年以上人間やってるけど、
こんな親子を見たのははじめて。これまで出会った人の中で最低最悪!

「親が親なら子も子」とはよくいったもんです。

名称未設定 1

悪い例に出くわしてしまったけど、父ちゃんは出会いは必然だと思ってる。
父ちゃんに対する何らかのメッセージだと受け止め、これまで以上に
「褒める。認める。感謝する。」この3つを大切にしていきたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。