イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

夫婦関係

ペンギン

今朝は、窓が凍ってなかなか開きませんでした。
もちろん、道路も凍ってるので、普通に歩くのにも注意が必要。滑らないように歩こうとすれば、まるでペンギンみたいな格好になってしまう。
060927_happy_feet_main

まりあ母ちゃんは、昔から知らない人によく声をかけられる。最近は、爺ちゃん、婆ちゃんが多いみたい。

買い物に行って魚を見てると「これ煮付けにしたらおいしいよ」と声をかけられる。
道を歩けば「あんたどこ行くの?」と声をかけられる。
父ちゃんと一緒に歩いてるときでも、よく話しかけられている。

近所を散歩してると「あんたどこの子や?」と声をかけられ、「ちょっと待っとき」と言われてお菓子をもらったり……

まりあと母ちゃんが散歩してるときには、突然真横に車が止まり、男が降りてきて「これどうぞ!」といって、タオルを渡されたことも……

なんせ、一歩外に出れば毎回誰かに声をかけられている。

そんなまりあ母ちゃんは、今日も仕事帰りに、お爺さんに声をかけられた。
ペンギンみたいに歩いてる母ちゃんが滑稽に見えたのか、お爺さんに呼び止められ、10分ほど歩き方のレクチャーを受けたらしい。

話しかけやすいタイプなのか?オープンマインドな雰囲気が漂っているのか?
父ちゃんにはよくわかりませんが、何かあるんでしょうね。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

世界一斉ハグタイム

logo_01_a
本日1月31日は「愛妻の日」
そんな日があるって、父ちゃん不覚にも知らなかった。

1をアルファベットの「アイ」31を「サイ」と読みます。
いつも家事を頑張ってくれてる偉大な奥さんに感謝ですね。

また、PM8:09(ハグ)世界一斉ハグタイム計画というのもあるみたいです。
考えてみると、真里有はしょっちゅうハグしてるけど、母ちゃんをハグすることって、ここ数年ないもんな。

みなさんも、たまには奥さん(旦那さん)をギューとハグしてみてはどうでしょう。

父ちゃんは、いちばん身近な奥さんを大切にできなければ、いくら外でいい顔をしても、それはメッキであり偽りだと思ってます。

子育てにおいても、最も理想的な環境は、夫婦仲が良いこと。

夫婦仲が良いと、家庭内の雰囲気が良くなる。家庭内の雰囲気が良ければ、子どもは安心して能力を高めることができ、明るく元気で素直に育ち、思いやりのある優しい子に育つ。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

億万長者

「昨日、もとみんさんからプレゼントもらってん。ええやろ~」
1326696441366.png

「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する」 byアルマン・サラクルー

これ、なかなか面白い表現ですよね。
確か「恋のから騒ぎ」の冒頭に出てきた言葉やったと思う。

厚生労働省の統計によると、平均初婚年齢は、男性30.4歳、女性28.8歳。
また、結婚した人の約30%が離婚するようです。結構多いですよね。

再婚率は、男性76%、女性64%だそうです。これまた多い。
記憶力の欠如の人間が多いということか……(^_^;)


『普通の人がこうして億万長者になった』本田健(著)によると、
億万長者といわれる人たちは、離婚率が非常に低く、日常の些細なことでも夫婦で話し合うみたい。

年収が高い人ほど、夫婦お互いとても深く理解し合っている。
松下幸之助さんも、本田宗一郎さんも、夫婦で何でも話したようです。

お金やビジネスや成功と、夫婦関係とはまったく関係ないように思えますが、
豊かさを手にするためには、とても重要な鍵だそうですよ。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

たった二つのこと

BlogPaint

まりあ父ちゃん、母ちゃんが、21年間ほとんど喧嘩することもなく、
夫婦関係が維持できてるのは何故か?

それは「たった二つのことを守ってるからやと思う」

一、日頃から、どんな小さな事でも話し合っている。
問題があっても、なくても、その日の出来事を話すようにしている。
だから、例え問題があったとしても、その日のうちに解決できる。

小さな穴でもほっとくと、水はジワジワ入ってきます。
相手が気に入らないからといって、船を二つに切るとお互い沈んでしまう。
何事も共同作業だということを忘れない。

「わかってくれてるはす」「伝わってるはず」
この思い込みが一番危険。心を伝え合う会話が必要です。

ニ、自分のためにいてくれてることに感謝している。
地球上、約70億からの人間がいます。そのうちの一人をパートナーとして
自分が選んだんです。一番の理解者のはず。

相手がいるだけでも奇跡的なこと。その奇跡に感謝する気持を忘れない。

「その人を知りたければ、そのパートナーを見よ」という言葉通り、
夫婦関係が円滑でないのに、いくら外でいい顔をしても、それはメッキであり偽り。

上司や得意先にはペコペコ、パートナーや子どもには威張りたがり、
お客になれば横柄な態度。メッキはいつか剥がれるもんです。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

夫婦仲

1326326519445.png

子育てにおいて最も理想的な環境は、不安がないこと。
最高の環境とは、やっぱり夫婦仲が良いことでしょう。

夫婦仲が良いと、家庭内の雰囲気が良くなる。
家庭内の雰囲気が良ければ、子どもは安心して能力を高めることができ、
明るく元気で素直に育ち、思いやりのある優しい子に育つ。

逆に、夫婦仲が悪いと、子どもは不安や恐怖を感じるようになる。
そういう環境で育った子どもは、心に何らかの問題を抱えてたり、
攻撃的な子どもになったり、ふさぎこみな子どもになってしまう。

だから、夫婦仲って、子育てにおいてすごく大事なことです。
子どもにとって、お父さん、お母さんは、すごく大切な存在。

その大切な存在のお父さん、お母さんが、しょっちゅう喧嘩してたら……
夫婦喧嘩することもある思うけど、子どもの前では見せないようにしたいもんです。


ちなみに、まりあ父ちゃん、母ちゃんは、結婚して21年になるけど、
夫婦喧嘩って、ほとんどしたことがない。

それは何故なのか?

たった二つのことを守ってるからやと思う。
そのたった二つのことは、また後日書きたいと思います。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

がんばろうお父さん!

「父ちゃん、フラッシュ眩しい!
1320961389942.png


父ちゃんも、今でこそまりあと接する時間は多いけど、まりあの兄ちゃん、姉ちゃんのときは、仕事優先で家族はほったらかし、全部母ちゃんに任せっきりでした。

まりあ兄ちゃんは小学校のころから野球をやってたけど、教えてやることもできひんかったし、学校の行事もまったく参加したことがなかった。

今となっては、ほんま、かわいそうなことをしたと反省してる。

しかし、子育てって仕事以上に大変なんちゃうか?と思う今日この頃。まりあとしっかり関わって、はじめてわかった。

世のお父さんたちも「早く家に帰って子どもと関わりたい」と思ってても、仕事の状況がそれを許さないということがあるでしょうね。

大好きなことが仕事ならまだしも、家族のために、つらいことも我慢して頑張ってるお父さんたちがほとんどでしょう。

仕事が忙しく、帰りが遅かったり、休みがとれなかったりしたら、奥さんから「家族と仕事どっちが大事なん!」とかいわれたりして・・・・・・

おかげさまで、父ちゃんはそんなこといわれへんかったけど、家族と仕事の板挟みになって、悩んでるお父さんたちも多いのではと思う。

そうならないためにも、やっぱり日頃からの夫婦の話し合いは大切。どんなことがあっても、家族みんながいつも笑顔でおれるように・・・・・・。

しょうもないことで、お互いの気持ちがずれてしまったら、ほんま、アホみたいやもんね。


がんばろうお父さん!(^^)v



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

夫婦崩壊の七変化

今朝も起きた瞬間、いい笑顔のまりあです。
起きたとき、目が腫れぼったいのは、父ちゃんと一緒。
2011-11-09 07.24.15.jpg

「ニコッ」としかけたけど、大きなあくびをした。
2011-11-09 07.26.55.jpg

ほんで「おあよう」といって、再びいい笑顔。
2011-11-09 07.26.40.jpg

ほんま、子どもの笑顔っていいですね(^^)


さて、先日“乳幼児期に一緒に育児をしたか、否か”
で愛情は二極化していく「女性の愛情曲線」というのを紹介しました。

もちろん、これは大切なことやけど、実はもっと大切なことがあるんです。
それは、奥さんを心から、ほめる・認める・信じること。

結婚してから、旦那が奥さんをほめることって、めっちゃ大切なこと。
もちろん、その逆も。

結婚して年数が経つと、今まで「感謝」できてたことも、
だんだん「あたりまえ」になってくる。

これが一番あかん!

「あたりまえ」が増えると「感謝」がなくなる。
「感謝」がなくなると「ほめる」ことがなくなる。
「ほめる」ことがなくなると「笑顔」がなくなる。
「笑顔」がなくなると「会話」がなくなる。
「会話」がなくなると「愛情」がなくなる。
「愛情」がなくなると「夫婦」でなくなる。

これを“夫婦崩壊の七変化”というんですよ!
気をつけろ!


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

女性の愛情曲線

graph5-1

父ちゃんは、はじめて知ったけど、「女性の愛情曲線」
というものがあるみたい。

これは東レ経営研究所の渥美由喜氏が、女性の愛情の変化
を調査したもので、なるほど!と思ったので紹介します。

このグラフを見ると、独身時代の女性の愛情は、仕事40%、趣味30%、
彼氏に20%という割合。

結婚直後は、夫50%、仕事30%、趣味10%。
これが出産直後になると、子ども80%、夫10%になる。
当然といえば当然やけど・・・・・・。

ほんで、面白いのはこっからで、出産直後から徐々に愛情が回復
していく人たちと、そのまま低迷していく人たちに二極化する。

この別れ道は、“乳幼児期に一緒に育児をしたか、否か”
要するに旦那がイクメンなら愛情は回復していくけど、そうでない場合
愛情は低迷していく傾向にあるということらしい。

そういえば、熟年離婚などの原因も乳幼児期からはじまってると
耳にしたことがある。

また、里帰り出産も愛情が回復しないひとつの要因になってるみたい。
奥さんが里帰り出産してる間、旦那は独身気分を楽しんでる。
奥さんが家に戻ってきても、育児に消極的な旦那もいるという。

まぁいろいろあると思うけど、夫婦関係も子育ても楽しむのが一番。
今ある幸せ、喜び、感謝の数を数えられる心を持つことが大切。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

ありがとうが爆発する日

ほんま、あっという間の21年。
まりあが生まれてから、特に時間が経つのが早く感じる。

今日は、21回目の結婚記念日!
「ありがとうが爆発する日」
64b9bf47.jpg

恒例のキャンドルに灯をともすと、
やっぱり「I LOVE YOU,OK」が頭の中で流れる。



I LOVE YOU,OK
この世界にたった一人のお前に
俺の愛のすべてを捧げる
抱きしめればせつなくなる
俺のこの腕でいつも幸せにしたい

I LOVE YOU,OK
振り返れば長くつらい道も
お前だけを支えに歩いた
窓辺にともる灯りのように
俺のこの胸にいつもお前が燃えてる

求めあって生きていたい
この世界のすべてが闇に消えても

I LOVE YOU,OK
見つめあえばただそれだけでわかる
誓いあった言葉はI LOVE YOU


ほんま、21年笑顔で支えてくれたまりあ母。
浩実に感謝しなくて何に感謝だ!

いやぁほんま、幸せ者ですよ僕は
この幸せな気分を、まりあにすべて注入したいと思います。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

自分の価値観やこだわりを手放してみる

突然パンツをかぶるまりあ
PhotoWonder_share

最近、夫婦関係について相談してる書き込みを見て思うことがある。
それは、こんなやり取りしてても、永遠に答えは出えへんということ。

相談するということは、自分自身が迷ってるからやけど・・・・・・。
進んだほうがいいか、戻ったほうがいいか。
やったほうがいいか、やめておいたほうがいいか。

内容はさまざまで、相談に対する意見もさまざま。
性格の不一致、浮気・不倫、金銭問題、セックスレス、
親族との関係、暴力・・・・・・などなど。すべて離婚の原因。

なんで答えが出えへんのか?
それは、自分の価値観やこだわりを持ったまま話してるから。

わかりやすく例えたら、阪神ファンと巨人ファンのお互いの意見。
どちらも、相手のいうことすべてが気に入らない。

父ちゃんが小学校の頃、これでしょっちゅう大喧嘩になった。
中には、殴り合いになるケースもあった。

これと、まったく一緒。

だから、いったん自分の価値観やこだわりを手放し、
ニュートラルな状態をつくらんとあきません。

阪神、巨人というチームのことを、いったん手放せば、
お互い野球ファンとして、仲良く話ができると思いませんか?

「俺はそうは思わん」
「妥協しろってことか」
「自分らしくなくなる」
「負けた気がする」
などと思う人もおるでしょう。

でも、これは勝ち負けや妥協とちゃいます。
「お互いの意見を、一緒に考えよ」
「お互いが嬉しいことを一緒に考えよ」
というスタンスです。

そして、自分の解釈を変えてもいいという潔さも必要。

夫婦関係もおんなじ。

嫌なもん同士が結婚したわけじゃないねんから、
自分の価値観やこだわりを、いったん手放してみよう。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
livedoor プロフィール
アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ