イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

ハッピーアドバイス

魔法の言葉

「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」
赤ペンチェック
妻の話を聞いてるとき、
「でも・・・・・・」
「しかし・・・・・・」などの、相手を否定する言葉を言わない。

母親の中で、「夫から、何を言っても否定されるだけ、一度も認めてくれたことがない。だから、もう何も言う気もしない」と言う人があります。

夫としては、否定したつもりはない、と言うのですが、よくよく聞いてみると、夫の返答が、ほとんどまず「でも」「しかし」から始まっているのです。

「でも」「しかし」「だけど」などの言葉を使わない。
これは、夫婦の会話だけじゃなく、コミュニケーションの原則です。

そこで、まりあ父ちゃんが「魔法の言葉」を少し教えましょう(^^)

「なるほど」「もし」
この言葉は、夫婦、職場、学校、親子でも、すべてに共通する基本。
相手を、承認・同調・受け入れ、立場をつくる言葉です。


夫婦の会話A
妻「この前、めっちゃいいサプリみつけてん。最近、ちょっと疲れ気味やし買ってみよかな?」
夫「でも、サプリなんか効果ないって」

妻「それが、◯◯さんも飲んでて、めっちゃ調子がいいんやって」
夫「だけど、◯◯さんは、たまたま効果あっただけやろ」

妻「口コミ情報では、90%の人が効果を感じてるって」
夫「でも、お前に効果があるかどうかわからへんやん」

妻「もうエエわ!」


夫婦の会話B
妻「この前、めっちゃいいサプリみつけてん。最近、ちょっと疲れ気味やし買ってみよかな?」
夫「なるほど、サプリか。最近疲れてんねや・・・・・・そらそうやわな」

妻「◯◯さんも飲んでて、めっちゃ調子がいいんやって」
夫「もし、そのサプリを飲んだらどうなんの?」

妻「口コミ情報では、90%の人が疲れが取れるっていうてるから、私もスッキリするかも」
夫「そんなにいいサプリなんや」


ちょっと極端な例題ですけど、なんとなくわかります?(^^ゞ
実際、この言葉を使ってみると、その話の展開に驚きますよ。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

子どもは、お父さんに何を求めているのか

「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」
子どもは、お父さんに何を求めているのか。
赤ペンチェック

「2500人の子どもの声」

・もっと早く帰ってきてほしい。(小1・男他)
・みんなで夕ごはんをたべたい。(小1・女)
・たまには仕事を休んで、家族でどこかに出かけたい。(小5・男)
・仕事だけじゃなくて家のこともやってほしい。(中3・女)
・お父さんの帰りが遅かったりするので、家族全員がそろうことが少ない。家族と会話することが少なくなった。(中1・女)
・親が疲れた顔をしている。苦労をかけて悪いと思う。もっと休んでほしい。(中3・女)

いくつになっても、子どもは、父親のことを、陰で、だれよりも心配し、気遣っているのだと感じます。

PhotoWonder_share

なるほど!
これを、以前のまりあ父ちゃんに、当てはめてみよう。

・まりあ兄ちゃん、姉ちゃんが小学校のとき、いつも帰りは遅かった。
・父ちゃんの帰りは遅かったけど、夕飯は父ちゃんが帰るまで、みんなで待っててくれた。今考えると、ほんま、ありがたいことです。
・土日は仕事やったんで、父ちゃんが休むことはなかった。でも、平日に子どもを休ませて、遊びに行ったことはある(^^ゞ
・家のことは、いっさいやりませんでした。すんません(;゚Д゚)
・父ちゃんの帰りは遅かったけど、いつも家族全員そろってたし、会話も多く、何より笑いが多かった。
・父ちゃんは、疲れません。サイボーグといわれた男です(^^)v

すべては、まりあ母のおかげですわ。ほんま!



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

体罰のマイナス面

体罰を加えると、そのときはいうことを聞くようになるけど、
長期的には、暴力的になったり、反社会的になったり・・・・・・
悪影響が出てくるという調査結果が出ている。

2002年、アメリカで体罰を受けた3万6千人を対象にした調査では、
体罰は一時的には親の命令に従う「効用」がある。

一方、長期的には、
1.攻撃性が強くなる
2.反社会的行動に走る
3.精神疾患を発症する

などのマイナス面が見られることが判明した。

日本でも、体罰を用いて育てられた場合、特に言葉、社会性の発達に、
はっきりと後れが生じることが明らかになった。
【参考文献】「子育てハッピーアドバイス 2」

これを、まりあ父ちゃんに当てはめてみると、3はないけど、
1と2はあった。直接的な原因かどうかはわからんけど・・・・・・。

そういえば、まりあ父ちゃんが中学生の頃、同級生の両親が、
子どもからの暴力に耐えきれず、家を出ていった。

もしかしたら、幼少期の体罰の副作用かもしれない。

結論をいうと「自分がされて嫌なことは、子どもにもすんな!」ということ。
体罰を受けて喜ぶ子どもなんかおらん。痛いし、つらいし、悲しい。

もしも、10年後親が子どもから体罰を加えられたとしたら、
そこに喜びを感じるか?愛情を感じるか?感謝できるか?

感じるのは、痛い、つらい、悲しい、情けない・・・・・・
ということやと思う。




いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110324222342
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ