イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

父親

安心感と自信が育つ

おっぱいバイバイから一週間経ちました。
もう、大丈夫そうな気もするけど、油断禁物!


昨日の健診で、まりあがまったく泣かなかったので、お医者さん、保健師さん、栄養士さんなどから「まりあちゃん、いい子やね、かしこいね」とほめられた。

ほめられると嬉しいようで、父ちゃんに向かってドヤ顔を連発してた。
やっぱり、ほめて育てることは大切なことやと改めて思う。

特に、父親からほめられると“安心感と自信が育つ”

ほんで、子どもは父親からほめられると、学校や社会へ出て行く自信も育つ。
父親との関係が、どういうものかによって、子どもの社会の見方に強く影響する。

父親から承認されると、社会や学校も自分を承認してくれると思い、
父親から否定されると、社会や学校からも拒否されると、子どもは思う。

父ちゃんが子どもの頃を思い出すと、父親から可愛がられた、ほめられたという思い出は何ひとつない。淋しいもんですよほんま

どっちにしても、父親が子どもに与える影響は大きい。
だから、影響を与えるなら、子どもにとっていい影響を与えたい。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

子どもは、お父さんに何を求めているのか

「忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス」
子どもは、お父さんに何を求めているのか。
赤ペンチェック

「2500人の子どもの声」

・もっと早く帰ってきてほしい。(小1・男他)
・みんなで夕ごはんをたべたい。(小1・女)
・たまには仕事を休んで、家族でどこかに出かけたい。(小5・男)
・仕事だけじゃなくて家のこともやってほしい。(中3・女)
・お父さんの帰りが遅かったりするので、家族全員がそろうことが少ない。家族と会話することが少なくなった。(中1・女)
・親が疲れた顔をしている。苦労をかけて悪いと思う。もっと休んでほしい。(中3・女)

いくつになっても、子どもは、父親のことを、陰で、だれよりも心配し、気遣っているのだと感じます。

PhotoWonder_share

なるほど!
これを、以前のまりあ父ちゃんに、当てはめてみよう。

・まりあ兄ちゃん、姉ちゃんが小学校のとき、いつも帰りは遅かった。
・父ちゃんの帰りは遅かったけど、夕飯は父ちゃんが帰るまで、みんなで待っててくれた。今考えると、ほんま、ありがたいことです。
・土日は仕事やったんで、父ちゃんが休むことはなかった。でも、平日に子どもを休ませて、遊びに行ったことはある(^^ゞ
・家のことは、いっさいやりませんでした。すんません(;゚Д゚)
・父ちゃんの帰りは遅かったけど、いつも家族全員そろってたし、会話も多く、何より笑いが多かった。
・父ちゃんは、疲れません。サイボーグといわれた男です(^^)v

すべては、まりあ母のおかげですわ。ほんま!



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

父と子の絆

父親が、子どもに関わりたいと思っても、仕事の状況が、
それを許さないことがある。そういう人たちは多いと思う。
rps20110717_111653

以前のまりあ父ちゃんが、まさにそれ。
というよりも、子どもに関わろうとしてなかった。

学校の行事も参加したことがなく、逆に参加してる父親を不思議に思ってたくらい。

父親がいるのに、子どもに関わっていない。
関われない会社というより、父ちゃんの考え方そのものがおかしかった。

今は、あのころと考え方が180度変わった。
まりあが生まれたからではなく、その前から自分のやってることは、
何かおかしいと感じるようになったから。

そう思い、現在17歳のまりあ姉ちゃんが小6のとき、
「これからは学校の行事全部いくからな」といった。

ほんだら「今さら何よ」といわれた。(父ちゃん、ちょっとショック(ToT))

そらそうやな。来てほしいときに来なくて、思春期にさしかかる時期に、
そんなこといわれても、嬉しくとも何ともない。逆にうっとうしいだけやな。

ほんま、父ちゃんとして、反省することがいっぱいある。
まりあ兄ちゃん姉ちゃんには、かわいそうなことをしたと思ってる。

ただ、うちの場合は、まりあ母が父ちゃんのすることを受け止め、
子どもたちにいっぱい愛情を注いでくれたんで助かった。


父親が育児をすると、子どもの自己評価が高くなり、
父と子の間に強い絆が生じ、子どもは活発に育つようです。


まりあには、父ちゃんのラブをいっぱい注入したいと思いま~す(^^ゞ



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

父親の子育デビューのススメ

最近のまりあは、よくグルグル回転します。
この前、回転し過ぎてテーブルに目尻をぶつけました


傘に興味津々。
6a731aef.jpg


さて、今日は父親の子育てについて。

父親が育児をするには、会社の上司や同僚の理解が必要。

「男は仕事、女は家庭」という価値観だとかなり難しい。
以前のまりあ父ちゃんがそうでした。

まりあ兄ちゃん、姉ちゃんの時は、
まりあ母にまかっせっきりの酷い奴でした。


それでも、いろいろ出来ることはあるので、
ぜひやってほしいと思います。

まず母親の話を聞くこと。
これは誰でも出来ると思う。

育児の悩みや、一日の出来事など、
話したいことは、いっぱいあるはず。

もし、母親の話を
「仕事で大変やったから疲れてる」
といって、耳を傾けることをしなかったら、
それは単なる父親の甘えやと思う。

あと、子どもをお風呂に入れたり、
ちょっと遊んだりすることも出来る。

そして、一番忘れたらあかんことは、母親に
「いつもありがとう」という労いの言葉。



いつも応援ありがとうございます(^^)
br_decobanner_20110324222342
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ