イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

「才能逓減の法則」

「子どもたちは、すべて天才として生まれてきている」
しかし、もっとも大切なこの時期に、適切な環境づくりと教育ができてないので、
ほとんどの人間が凡才になってしまう。

「IQ200の天才児は母親しだい!」
という本に書かれてました。

「才能逓減の法則」とは、
年齢を重ねるごとに能力は逓減するという考え方。

子どもの「脳の能力」は年齢とともに低下していく。
また、乳幼児期に働いているのは、倫理的思考ではなく、直感的思考。

だから、学校に上がるまでの期間、子どもたちが家庭で過ごす期間に、
直感的思考を鍛えることが重要だということです。

8歳を過ぎると伸びる可能性はゼロになっていく。
0~3歳の教育のしかたで、その子の才能が決定するらしい。

つまり、70万円~140万円ほどの教材を買って、天才を育てろ!
ちゅうことですわ。

子どもが興味を持って、やるんやったらええと思うけど・・・・・・
この教材で学習すれば、IQ130以上になる確率が、81.55%やって!


幼児教育も大事かもしれんけど・・・・・・。

まりあ父ちゃんは「賢くならんでもいい」といいたい。
幼児教育を一生懸命して、いい学校に入って、いい会社に入って、
それで、子どもが幸せになるとは限らない。

それより、まりあが「何に興味を持つか」を大切にしたい。
2011_0609真里有0005



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

1・2歳から脳と体を育てていく必要がある

最近の4・5歳以上の子どもに、
昔は少なかった体の問題がいろいろあるみたい。

◆ボタンのかけ違い
◆靴を左右逆に履く
◆ジャングルジムで頭をぶつける

これは、目で得た情報を脳が把握し、
手足や体を思った通りに動かす能力が、十分に発達してないようです。

◆足の土踏まずが発達していない
◆転ぶとき手が出ず、顔をぶつける

これは、歩くことが少なくなり、体の発達が遅れている。
そして、体力や運動能力も低下してるとのこと。

このような、問題を防ぐためにも、
1・2歳から脳と体を育てていく必要がある。

そのためには、手指を動かすことが大切!
手指を動かすことで、脳の働きを活性化し、運動能力を高める。


まりあは、わりと手指はよく動かすし、
運動能力はかなり高いほうやと思う。

普段から、積み木、ファスナーの開閉、財布から小銭の出し入れ、
CDケースの開閉、らくがき・・・・・・などをよくやってる。

体力もある。近所のスーパーに買い物に行くと、
必ず2階まで階段をのぼる。それを3往復しよる!
2d1e92d1.jpg


1192626a.jpg

それを追いかける、まりあ父ちゃんは疲れる(゜o゜)



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110324222342

あおだま

まりあに、英語のおためし教材を取り寄せてみました。
DVDを真剣な眼差しで見てましたよ(^^)

英語ペラペラになることを願う、まりあ父ちゃんです!
e895e459.jpg


さて、今日はあおだまについて。

子どもにとって、話を聞いてくれて、ほめてくれる人の存在は大きいですよね。
それは甘やかすとかじゃなくて、認めてくれるという安心感が生まれます。

そんな存在は、子どもにとって、母ちゃん、父ちゃんですよね。

脳の構造上から見ても、ほめられると、気持ちいい刺激を感じ、
脳のテグメンタ(腹側被蓋野)にあるスイッチが入り、脳内麻薬といわれるドーパミンが分泌される。

ドーパミンが分泌されると、無意識下にある“淡蒼球”という脳の部位の活動が活発になり、やる気マンマンになってくるみたいです。

この淡蒼球というのが“あおだま”です。
あおだまは、誰もが持ってる脳の宝の玉。

やる気・気合い・モチベーションなど、日常生活において大切な基礎パワーを生み出す脳の部位だといわれてます。

だから、母ちゃん、父ちゃんから、ほめられることは、子どもにとって大きな力の源になるんです。

やっぱり“ほめて育てる”ことは、いいことやねんなと、再認識しました。
ほめられて育った子はチャレンジ精神も旺盛になるようですよ!


いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

この時期のポイント

2011_0309真里有0004

おはようございます。
この時期の真里有の脳。

1歳くらいの赤ちゃんの脳は、運動野、視覚野、聴覚野、皮膚感覚野など、基礎となる多くの部分の回路は、ほぼ完成してるみたい。

脳の重さも、生まれたときは約400gやったんが、1歳くらいになったら約700gになってんねんて!

凄いね~300gも増えてるやん!
生まれて1年しか経ってないのに、めっちゃ成長を感じるもんな。

ほんで、1歳くらいまでは赤ちゃんの能力に大きな個人差はないけど、1歳過ぎたら、だんだん個人差が出てくるみたい。

この時期のポイントは、
①言葉のふれあいを、多く持つ。
②話すときは、目と目を合わせる。
③背中や腰を鍛えて、しっかり歩けるようにする。
ことやって。

鉛筆やクレヨンでなぐり書きさせたり、新聞を破いたり、積み木を高く積み重ねたりするのもいいみたい。

でも一番は、おもっきりのびのび自由にさせることだと思います(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ