イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

自己主張

子どもはいうことを聞かない

20

昨日で、1歳 5ヶ月になったまりあ。
自己主張がかなり激しくなってきた。

自分の思いと違うことや嫌なことは、首を横に振る。
意思表示もしっかりしてきた。

ついつい「もぉ~」と思うこともある、まりあ父ちゃん(^^ゞ


子どもの相手をしていると、ついカッとなってキレてしまう。
という人もいるようです。

親がキレてばかりいると、子どもは「こんなときはキレたらいいんや」
と学習してしまう。

キレない子どもに育てるためには、まず親がキレないことですね。

そのためには、親が子どものことをよく理解する必要がある。
“子どもはいうことを聞かない”これを腑に落とさなあきません。

まりあ父ちゃんが「もぉ~」と思うときを考えてみると、
やっぱり、まりあにいうことを聞いてほしいと思ってるから。

だから「子どもはいうことを聞かない」「こんなもん、こんなもん」
と自分自身にいい聞かせてる。

まりあくらいの時期の自己主張を、親が押さえつけてしまうと、
無表情で消極的な子どもになってしまうような気がする。



いつもありがとうございます。応援クリックいただけると嬉しいです。
br_decobanner_20110324222342

叫び

1aecdc1e.jpg

こんにちはヽ(^0^)ノ
真里有が生まれて、今日で408日目(1歳 1ヶ月と 15日)になります。

最近ちょっと気になることは「あ”~」と大声でよく叫ぶこと!
反射的に「じゃかましいんじゃい!!」と思ってしまうけど・・・(;^ω^)
まだ、しゃべられへんからしゃ~ないもんな。

ということで、今日は「叫び」について。

結論、叫びは0~2歳児の自己主張の特徴やから、特に問題は無い!
以上終わり!


すんません。真面目に書きます。

「叫び」は子供の呼びかけや要求であり、遊びでもある。
だから、大きな声で叫んだとしても、叱ったり、阻止したりするのはあきません。
あんまり、叱ったり、阻止したりしてると、子供は失望して無力感を感じ、自己主張をやめてしまうみたい。

「あ”~」と大きな声を出すのは、まだ声の強弱のコントロールがでけへんだけやから、大きな声を出した時は、親がトーンを落として話しかければ、徐々に声の強弱を覚えていくねん。

こうやって、練習しながら一つひとつ言葉を覚えていくねんな。子供って凄いな~と改めて思った。
だから「あ”~」と大きな声を出しても、今は言葉を覚えていく大切な時期やから、大きな愛で包んであげてな(*^^)v

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ