イクメン父ちゃんの子育てブログ MARIA 

その微笑み 走らせるのさ 明日の俺を
結婚20年目に誕生した次女まりあとの奮闘記

虐待

何が「しつけ」やねん!

また、こんな事件が・・・・・・。

妻の2歳になる長女を殴るなどして意識不明の重体にさせたとして、
福岡県川崎町の19歳の少年が逮捕された。
取り調べに対して、少年は容疑を認めた上で、「しつけのつもりだった」
と供述している。

なんでこんな事件が起こるんかな?

母親の連れ子を継父が「しつけ」と称して殺してしまう例は、
児童虐待ではもっともよく見られるケースらしい。

連れ子に対する嫉妬・憎悪、血がつながっていない・・・・・・。
専門家の人たちは、もっともらしいことをいったり、書いたりしてる。

そんなことより、養育者としての自覚がないからやろ!
とまりあ父ちゃんは思う。

子育てをしてると、イライラすることもあるし、疲れることもある。
親なら誰でも感じてること。

そこで、アホみたいに「カッ!」となって虐待するのは、
そいつ自身が、自分目線ばかりで、子ども目線で見ようとしてへんから。

親になるには、子どものこと、生命のことを知るために、
最低限身につけなければいけない知識がある。

ほとんどの親は、それをわかってるので愛情を持って育ててる。

ほんま、こういう事件が起こるたびに、まりあ父ちゃんは、
保育士に資格が必要なように、親になるための資格をつくったらええねん!
と思う。



いつも応援ありがとうございます。
br_decobanner_20110324222342

「三つ子の魂百まで」

「三つ子の魂百まで」という諺がありますよね。
小さいころの性格は、年をとっても変わらないということのたとえですが、いろんな解釈があるようです。

“3歳までにちゃんとしつけをしないと、わがままな人間になる”

“3歳までは、母親が家にいて、育児に専念すべき。そのように育てないと、その子どもに悪い影響がある”(三歳児神話)

“3歳までは、じゅうぶん安心できる環境で子どもは育てられるべき。
そのように育てられた子どもは、大人になっても、健全な心で生きていくことができる”


最初に挙げた“3歳までにちゃんとしつけをしないと、わがままな人間になる”と解釈する人が多いようです。

だけど、3歳までに、しつけって無理でしょ!
まりあ父ちゃんは、3歳までは、愛情いっぱい、夢いっぱい、のびのび自由に育てたほうがいいと思うけどな・・・。

3歳までの子どもに、しつけだといって、無理強いし、叱ったりしても理解できませんよ!

ほんで、理解できないから親は怒りに変わり、やがて手を出すようになり、虐待につながっていくのでは・・・。

まりあ父ちゃんは、最後に挙げた安心できる環境で育てるのが一番やと思います。

ffffbae3.jpg

cf24df7d.jpg


いつもありがとうございます。応援ポチッとお願いします。
br_decobanner_20110324222342
スポンサードリンク
記事検索
まりあ自転車買いました!
(^_-)-☆
カテゴリ別アーカイブ
相互リンク募集中!
相互リンク希望の方はリンク後に
mariadaddy@livedoor.com
までご連絡くださいませ。

イクメン父ちゃんの子育てブログ
MARIA

http://maria.doorblog.jp


PCここで買いました!
マウスコンピューター/G-Tune
プロフィール

KIWAMI-極-

アンケート
ブログランキング参加中!


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


子育てブログランキング | ベビーダノン | ダノンジャパン

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ